男性作業員

ハチを退治してしまおう|狙われる前にするべきこと

加熱処理でダニを駆除

だに

ダニの種類やダニ被害

ダニは、日中は家具や敷物などの隅にひそみ、夜になると活動を始めます。体温の高い人間やペットなどに近寄り、血を吸うのです。吸われることで、その部分は赤く腫れますし、強いかゆみが生じます。さらには、吸われ続けることでアレルギー症状が出てくるようになることもあるのです。そのため、こういったダニ被害の予防や解消のために、多くの人々が専門業者にダニ駆除を依頼しています。専門業者によるダニ駆除は、主に加熱処理によっておこなわれます。ダニの体はたんぱく質でできているのですが、たんぱく質には45〜50度ほどに熱することで固まる性質があります。そのため家具や敷物などをダニごと加熱することで、効率の良いダニ駆除ができるのです。

乾燥機とスチーム噴射機

ダニ駆除は、殺虫剤の散布によっておこなうことも可能となっています。しかし殺虫剤の中には、人間やペットにとって刺激となる成分が配合されているものもあり、使用によってかえって体調が悪くなる可能性があります。そのことも、安全性の高い加熱処理によるダニ駆除がおこなわれている理由のひとつとなっています。加熱処理には、ダニ駆除用の特殊な乾燥機やスチーム噴射機が使われます。乾燥機の場合は、大きいので家具や敷物そのものを運び入れることで、全体を加熱することができます。一方スチーム噴射機は、細いノズルから高熱を帯びた蒸気が噴射される仕組みになっているので、大きな家具の裏側などのダニ駆除に使われています。いずれの場合も、60〜100度ほどに熱することができるため、ダニは完全に死滅します。